様々なお好み焼きの名前

広島には、広島風お好み焼きと言っても様々な種類があり、各地方ごとに異なったグルメが存在します。
そんな豊富なお好み焼きの種類を掘り下げていきましょう。

まず、普段から有名な広島焼きですが、これは広島の中央である広島市と世界遺産である厳島神社がある宮島で食べられているスタンダードなものです。
生地の上に山盛りのキャベツをのせて、豚バラ肉を乗せて、焼きそばの麺などをのせて食べます。

焼きそばの麺は、同じ鉄板で同じソースを使って焼くことが多く、ソースの味がごちゃごちゃしません。
ソースは2種類から選ぶことができ、甘めのソースと辛めのソースがあり、店舗によっては独自のソースをチョイスすることも出来る場合があります。

次に、尾道市で食べることができるご当地グルメですが、「尾道焼き」と言われているものです。
尾道焼きには、普通の広島のお好み焼きに、砂ずりとイカ天を入れて焼いています。
砂ずりは、砂肝とも言われており、焼き鳥の一種として広く知らていますが、それを中に入れて一緒に焼く尾道焼きは、人気があり、尾道市でしか味わうことができないものです。

また、イカ天は尾道市の名産品であり、そのまんまでもビールなどのおつまみとして食べられており、お酒のつまみにちょうどよいことから、お酒好きの方からも人気があります。

造船で有名な呉市では、「呉焼き」という呉市のみで味わうことができるご当地グルメもあります。
一部メディアでも取り上げられており、全国で人気があり、多くの人が訪れているのだそうです。
呉焼きは、呉名物の細麺を使ったもので、生地の上に細麺をのせて半月型にして食べます。
一部では細麺の代わりに、細うどんをのせるところもあり、細麺と細うどんを選ぶことができる店舗もあるようです。

次に、広島県府中市で味わうことができるご当地グルメです。
「備後府中焼き」と言われており、特徴は豚バラ肉の代わりにカリカリに焼いたミンチ肉などをつかっています。
これは町興しの祭典であるコンテストにも出場した経歴があり、注目を集めている一品です。
その他にも、熊野筆で有名な熊野町では、生地の中に納豆が入った「ふわふわ納豆焼き」というものがあります。

こちらのお好み焼きは、そのまんまの通り、ふわふわの生地の中に納豆が入っており、生地の上にはキザミ海苔が振りかけられています。
ふわふわな生地に納豆が入っているということに違和感がありますが、これがまた人気があるのだとか。
このように、広島県には様々なお好み焼きがあります。それぞれに異なった味があり、楽しむことができます。

Comments are closed.