葬儀のしきたり

葬儀というものは、土地によって特有の風習やしきたりなどがあるものです。
今回は、広島の葬儀に関するしきたりについて解説していきたいと思います。

一般的に葬儀の後出棺する際は、近親者などの近しいものが棺を担いでお送りします。
広島県の一部ではありますが、この出棺の際に担いだ棺を3度ほど回してお送りする、といった風習があるのだそうです。
この行為の事は「三度回し」「棺回し」などと呼ばれており、棺を回す、という行為の意味は諸説あると言われています。
そのうちのひとつは、棺を回すと故人の方向感覚がなくなってしまいます。
そうすることによって、現世に戻ることなく迷わずあの世へ旅立っていけるように、という意味合いが込められているのですね。

その他には、回るという事で現世の罪をなくすためだとされています。
これは仏教の修行のひとつで、回るという修行は「減罪信仰」呼ばれるのだそうです。代表的なものでは、お遍路さんのように四国八十八か所のお寺を回る修行があります。
いずれの場合に関しても、現世における罪や未練などをすべて無くし、迷いを無くして安らかにあの世へ旅立ってほしいという、残された人たちの故人に対する願いが込められた行為です。

広島には、様々な宗教が入り混じっていると言われています。
そのため、宗派ごとのしきたりなども混じって見られるようです。
広島県の備後地方に関しては、特有の風習があります。出棺の際には、故人が愛用していた茶碗などを割る風習があります。

これは「茶碗割り」と呼ばれていて、この世との未練を断ち切るためのものだとされています。
しかしこの風習は、浄土真宗が多い安芸地方ではほとんど見られないようです。
また備後地方の一部の弾宗では、位牌に白い布をかぶせることがあります。
故人の白木の位牌に白い布を覆いかぶせて、少しずつずらし上げていくという風習があります。
安芸地方においては、基本的に塩によってのお清めはしないようです。
これは、塩で清め祓ってしまうと、亡くなった人に対して敬意を払うことにならないから、だとされています。

その他に、お葬式というのは「友引」などを避け行われることが多いですが、これは全国的なものであるともいえますね。
これは、友を引き連れて行ってしまうからだと言われており、この広島では、「友引」に加え「酉の日」も避ける傾向があります。
その理由とされているのは、昔から「酉の日」は田植えを行ってはいけない良くない日、という印象からのようです。

Comments are closed.