漫画『医龍』乃木坂太郎

天才心臓外科を描く

医療に関する漫画というのは世の中にあふれています。
医師の眼から見ると、どれもやはり漫画だな、という域を出るものではないのですが、漫画に対してそういうことを言うのも野暮でしょう。
そこでここでは、あくまでも読者として読んでいてどう感じたのか、ということを中心にして、医療漫画についての紹介をしていきたいと思います。
1つ目の作品として紹介するのは乃木坂太郎先生による漫画『医龍 Team Medical Dragon』についてです。

この作品は数回に渡ってドラマ化もされているので、原作を読んでいないとしてもドラマで見ている人も多いのではないでしょうか?
私自身入り口はドラマで、その後漫画を読む、という形になりました。
では、まずは簡単に物語の大筋について紹介していきます。

医龍の主人公は朝田龍太郎という外科医です。
ただ、物語の始まりの時にはすでに医師を引退しており、そこに心臓手術の1つであるバチスタ手術の論文を執筆するために来た助教授にスカウトされる、というところから物語がスタートします。
最初こそ主人公もそれを断っていましたが、紆余曲折を経て医師に復帰、心臓外科医として天才的な手腕を見せることになる、というのが物語の入り口となります。

その後は主人公を中心にして、心臓手術に関わるキャラクターが集まりチーム医龍を結成、様々な難手術を成功させていく、というのが基本的な内容です。
ただ、この漫画はただ医者として患者を治していく、というだけではなく、同時に医局による権力闘争についても描いている、というのがポイント位の1つとなっています。
主人公は医局の権力というものを非常に軽視しており、全く気に留めることがありません。

これは医療漫画における共通点といえるかもしれませんが、やたらと医局が悪者にされがちです。
実際この漫画においても、医局に従わない医師に対して嫌がらせのような形で様々な工作がされる様が描かれています。

他の仲間たち

では、主人公朝田龍太郎以外にはどのような個性豊かなキャラクター達がいるのか、ということについて何人か紹介していきます。
一人目として紹介するのは、伊集院登です。
この人物も朝田と同じく医局に対してマイナスの感情を持っている人で、面倒に巻き込まれるのを嫌って事なかれ主義だった、という経歴があります。
その後朝田と出会い、手術を通して医師として成長していきます。

二人目は藤吉圭介です。
こちらはともかく患者を第一に考える、というこの漫画においては珍しい医師となっています。
実際朝田に手術で救われた経験があることもあり、協力的な立場の1人となっています。
この他にも沢山の医師が取り巻く、群像劇的な内容です。

Comments are closed.