マスコットの紹介

広島の球団と言えば、広島東洋カープです。
こちらでは郷土愛が強い人がたくさんいらっしゃるので、決して他の球団名を言ってはなりません。
それにシーズン中はみんなカープの話題で持ちきりになります。
やはりカープが勝った翌日は自分の機嫌も良くなりますし、病院にいらっしゃる患者さんの気分もいいので良い感じに診察を進めることができるので大変助かります。
広島東洋カープを子供のころから応援し始めてから、今でもマスコットの存在も気になるようになりました。
街の中を歩く子供たちのリュックサックには所々カープ坊やが描かれていますし、球場の応援グッズを見てもカープ坊やとスラィリーが目立っています。
広島東洋カープを長年に亘り応援している人はカープ坊やはすっかりおなじみです。
初めてこのチームを知った人は広島東洋カープのマスコットは「鯉」にちなんだキャラクターが有名なのだと勝手に思い込んでいる人もいます。
ところが動物をあしらったものではなく、カープ坊やをあしらった応援グッズがたくさん販売されているのです。
鯉ではなく普通の野球少年がマスコットキャラクターというのはかなりびっくりですが、後から調べてみるとカープ坊やに採用した経緯は、子供たちに夢を与えるために勇ましい野球少年が採用されたとのことです。
カープ坊やのモデルを普通の野球少年をマスコットキャラクターにすることで、子供たちがかなり寄り付きやすいキャラクターに仕上げることができました。
そして広島東洋カープにはもう1つマスコットキャラクターがいます。
先ほども少し紹介しましたが、スラィリーというピンクとグリーンのたてがみと体全体を覆うブルーの毛むくじゃらのかわいいキャラクターです。
頻繁に球場へやってきては選手たちの応援パフォーマンスに勤しんでいる広島東洋カープファンが愛すべきマスコットキャラクターです。
見た目は竜のように見えますね、中国の伝説では「鯉」が滝を上ると「竜」に変身するという言い伝えがあるのでそこからとらえたのかもしれません。
このスラィリーは、カープが高得点や連勝をしたときにはピンクになった「ハッピースラィリー」が突然現れることがありますので、カープが好調な時に見るともしかしたら「ハッピースラィリー」を見かけることができるかもしれません。
広島東洋カープを応援し続けている以上、カープ坊やとスラィリーから目を離すことができませんね。
球団を応援するという事は選手を応援するだけではなく、こうしたマスコットの魅力もあるのです。

Comments are closed.