路面電車に乗って

晴れた休日に家にこもっているのは、なんだかもったいない気がしませんか?

特に観光地が多い広島では、家族連れやカップルに嬉しい遊びスポットがたくさんあります。
是非晴れた日には広島電鉄の「路面電車」に乗って
ノスタルジックな風景を眺めてみるのはいかがでしょうか?

「路面電車」は昭和時代の遺産のように感じますが、
広島ではまだまだ現役として市民の足として大活躍しています。

日本一の輸送量と路線を誇る「広島電鉄」の路面電車は広島の名物と言っても過言ではなく、
全国から鉄道ファンが押し寄せて新しい車両が投入される度に
フラッシュがたかれることもしばしばあります。

広島電鉄は主要の広島駅から広島港や、
海の中に鳥居がある神社と鹿で有名な宮島にもいくことができますし、
広島県民が絶対に忘れてはいけない原爆ドームや平和記念公園へも
広島電鉄を使って乗り入れることができるのです。

いわば広島市内にある有名どころは、ほぼ路面電車に乗っていくことができるのです。
しかも運賃も大人150円小児80円とかなりリーズナブルな
均一制を採用しているので、気軽に乗ることができます。

もちろん観光目的で一日何度も路面電車を乗り降りするという人でしたら、
路面電車丸一日乗り放題の電車一日乗車券も発売していますので、
フリー乗車券を使ってお得に路面電車を楽しんでください。

街の中でこんなに自由に行き来している路面電車の風景を
見ることができる広島は本当に良い街だと感じます。

それに路面電車が街の中を走るおかげでCO2排出量削減にもかなり貢献してくれています。
そして改めて広島電鉄の車両に乗車して驚いたのが、
あの原爆で被爆した車両がいまだに現役車両として走っていることです。

車両数こそ少なくなっているのですが、原爆の歴史を県民から決して
忘れさせないために被爆車両を走らせることは非常に良い心がけだと思いました。

何も知らない子供が被爆車両を見つけると大人に
「どうしてあの車両だけ凄く古いの?」と聞いてくることがあります。
その時にかつて広島が原爆投下によってもたらされた悲劇を子供に語りつぐことができるのです。

他にもかつて存在した大阪市電や西日本鉄道や
京都市電の車両が現役として頑張って活躍しています。
新型のLRT車両を見つけてテンションを上げることもできるし、
レトロな車両を見つけて懐かしむこともできるので、
広島の路面電車の魅力は探せば探すほどたくさんありますよ。

Comments are closed.