広島の整形外科医の日常とイメージ

イメージというのがある程度固まっている仕事というのは、
人により感じが違うと聞きました。

広島の整形外科で働いている私のような医師は、
多くの患者さんの体の悩みを聞き、主に手術によって
それを正常な状態にするのを生業にしています。

それだけではなくリハビリの指導をしたり、マッサージをしたりして
少しでも健康で正常な状態にするように努力を重ねているのです。

患者さんごとに症状の状態はかなり異なり、交通事故等で体の一部が
変形したような人はとても特徴ある状態になっています。

私たちはそういった人たちの話を真剣に聞き、
どうすれば元の状態に戻す事が可能かをまず第一に考えます。
たいていは手術による治療が希望されるので、その腕を磨くのが大事になります。

病院の勤務といっても医師と看護師では立場が違いますから、
当然のようにやっている仕事の内容も異なります。

私は治療の方針をたて、最良の選択肢を得て
患者さんに投与する薬を決めたり手術をしたり、外来診療をしています。

大きな病院ではないのでそんなに困る事もないのですが、
患者さんによっては治療困難な難病にかかっている人もいて、
そういう場合は患者さんと一緒になって悩む事があるのです。

歩くのも困難な病気というのは、その治療についてしっかりとした姿勢で
取り組む必要があり、私も一つ一つの症例について学ぶ事の多さをかみ締め、
医師としてはまだ至らない部分があるとそのつど実感しているのです。

広島に来て長くなりますが、病院勤務をしていると時間が経つのがあっという間です。
これはそれだけ患者さんと真剣に対峙し、治療に専念しているからという事もありますが、
実際に日中は目の回るような忙しさになる事が多いです。

休みの日も研究や論文、付き合い等があって
なんとなく一日が終わっているような状態ですから、そういう点でいえば
なかなかスリリングな毎日を送っているような気がします。

総合病院等と異なり夜勤はないので気楽ではありますけど、
それでも人の体の事を案じていつも最善の策を考えて治療にあたるというのは
神経を使います。

私にとっては手術以上に診察をしている時が緊張する瞬間だったりするので
それが不思議に感じます。

よくスポーツで骨折をしたりする患者さんがきますが、
最近は特に骨がもろい人が増えているように感じます。

これは食生活の変化や日常的なライフスタイルが変わった事も影響していると思えます。
特に子供で骨折が多いのはカルシウム不足の傾向があるので、
それも含めたアドバイスを欠かしません。

病気の治療もそうですが、怪我等突発的な外傷の関係は特にその原因を究明し、
しっかりとした対応が何よりも必要になってくるので、そこから組み立てるべき物の多さに
気づいた時、もっともいいアイデアが浮かんでくると思えます。

私は広島の整形外科医としてできるだけの事を地域のためにして、
自分もそれと一緒に成長したいと心の底から願わずにはいられません。

Comments are closed.