美容整形ミスについて

美容整形が危ない危ないと警鐘を鳴らされてずいぶんネット界から
バッシングを受けていますがそんなことは全くありません。
私は広島で整形外科クリニックを開いているのですが、
美容整形ミスについて徹底的に解説したいと思っています。
みんななにかしら整形依存症になるというとあまりにも誇張されすぎですが
そういう側面もあるので無視できないものがあります。
そういう依存症について取り上げた本が出ていますが
さすがに私もそういった側面があることは反発も否定もできません。

どんどん美しくなるなる美容整形の恐怖●
もともとほんとうは顔を変えることは犯罪者であったりわけありの人間専用のものだった
ネガティブなところから始まった美容整形。
そんな美容整形業界は魑魅魍魎が跳梁跋扈する呪詛呪縛の温床だったのです。
そんなところで整形ミスは起こらなくても整形依存症が起こってしまうのは
必然といえます。
美容業界の闇は心に直接作用するのです。
そんな感じが長年クリニックを開いてきた中で感じた事実です。
整形以外にも、依存症といわれる事例は意外にも多くあります。
アルコールにタバコ、ドラック、恋愛依存、セックス依存症、
ギャンブル・・・・それに最近は携帯に極度に依存する携帯依存も報告されています。

その中でも美容整形依存は特異な存在でした。
なぜなら自らの肉体にメスを入れてどんどんカスタマイズしていっているはずなのに
カスタマイズのしすぎでほころびがでてくるのだからおかしいものです。

整形依存症は、心に直接作用する美容業界にとりついた呪詛呪縛の呪いのせいで
なると考えていますが、ある種の自己満足や自己愛が極度に高まった場合にも
整形依存症になるといわれています。
いわゆるナルシズムといったことでしょうか
美容整形を繰り返した結果、自分がどんどん美しくなっていくことに欲望が生じ、
ナルシズムもどんどん高まっていきます。
そしてボルテージのメーターが振り切れたとき、
呪詛呪縛とあいまって悲劇が起こるのです。
せっかく美しくなろうとしたのに整形依存になってしまうのは悲劇ですが
整形依存が発生するのは「美容整形が成功し実際かなり元の顔より美しくなるから」
その結果なのです。

つまり整形依存は美容整形の正確さが招いた弊害とも言えます。
美容整形はきちんと正確な手術を行っているので美容業界の呪詛呪縛に
負けない強い心、魂を持っていれば、依存症の魔の手に襲われることもなく
メリットばかりのビューティークリニックになると考えているのです。
若い感受性の高いうちから美容整形繰り返すとサイボーグになってしまいます。
芸能人にも多いですよね、そういう人・・・

美容業界に勤めていると東京のクリニックから、芸能人の○○さん
整形依存になりすぎて危ない状態だよ、もし広島に来ても断ってあげてね。
などと芸能人の整形情報もネットワークを介して多く耳に入ってきたりします。
最近は骨まで削ってテレビに出ながら全くの別人に変貌をとげてしまう人も・・・
そうなると美容業界呪詛呪縛のせいとかどうのこうのとか
言ってられないですよね・・・汗

Comments are closed.