ガラスの里について紹介します

広島へお越しの際に是非立ち寄ってほしい場所があります。
広島市内からやや離れている位置にあります「ガラスの里」は、綺麗なガラスの展示物やガラス制作体験を楽しむことができる綺麗なガラスに特化した博物館です。
アクセスはJR広島駅または広島バスセンターよりバスで約1時間「下大林」停留所を下車して徒歩一分の場所に位置します。
入園料は無料ですが、ミュージアムゾーンとガラスの城は別ですので注意が必要です。ミュージアムゾーン入館料は大人1000円高校生700円小中学生500円になります。
まず目に飛び込むのは絵本に登場しそうな「ガラスの城」です。
ガラスの城だけを見物したい人は入館料大人・高校生200円・小中学生100円でガラスの城を見学することができます。
本当に絵本の世界から飛び出してきたのではないかと思うようなお城の中で音楽に合わせて動く噴水やガラスの迷路で遊ぶことができます。
子供さんと一緒でしたら絶対に楽しむことができるエリアです。
そしてせっかくガラスの里へお越しになったら、自分だけのガラス製品を作って帰りませんか。
ビーズアクセサリー講習・目に優しい万華鏡つくりに暖かい灯に癒されるキャンドルつくりや、本格的なガラス職人体験ができる吹きガラス体験やステンドグラス作りなどを子供から大人まで楽しむことができる体験コースは大人気です。
世界に一つしかない自分の作品を作って楽しめますので、ガラスの里へお越しになった際には何か1つ作成して帰りたいものです。
もちろん館内ではショッピングも楽しむことができます。
中国地方を流れる太田川の鉄分の多い砂を使っているオリジナル商品「太田川ガラス」を始め、手軽につけられるストラップや結婚式の時に重宝されるギフトなどを取り扱っています。
そしてガラスでできた見た目がきれいな五月人形やお雛様を始め、干支飾りも販売していますのでコレクションとしてお買い求めいただくこともできますよ。
ガラスの里ではガラスから放す綺麗な輝きに終始うっとりしながら、真剣なまなざしでオリジナルガラス作品制作に没頭したり、ガラスの城でガラスの迷路で冒険をしたりと子供から大人まで夢中になって楽しむことができるミュージアムです。
是非広島へお越しの際はガラスの里にも足を伸ばしてみましょう。
広島土産が自分で作ったグラスやステンドグラスというのもすごく素敵です。
それに自分用だけではなく大切なアノ人のために心を込めて制作して、サプライズでプレゼントするのもありです。

Comments are closed.