世界遺産、嚴島神社について

広島の代表的な神社である嚴島神社ですが、実は同じ名前の神社が、は全国に500はあると言われています。
その中で、広島県の宮島にある神社が総本社となっているのだそうです。
厳島神社は、平成8年には国際機関であるユネスコが指定する世界遺産に登録されており、世界的にも有名な観光スポットとなっているため、外国でも紹介されていて、日本人だけでなく外国人の観光書くも多く訪れます。

この神社の特徴としては潮の満ち引きにより観光スタイルが大きく変わることです。
大鳥居が海の中にありますので、干潮時には歩いて行くことができますが潮が満ちている時間帯は社殿が海に浮かんでいるような形になりますので遠くから眺めることになります。
この大鳥居は漆塗りでして、青い海に朱色の門が目立つ形で建立されているのですが、台風が襲来した時には波の影響を受けて社殿も含め被害が出るケースもあります。

嚴島神社が創建されたのは推古天皇が在位していた時代と言われており、当時の豪族が建立しました。
その後も平家一族から大切にされたり、江戸時代には参拝客が増えるなど地域の人々から大切にされたりしてきた神社です。
木製の部分は海水によって腐食しやすいため、定期的に修復や修理が必要であり形を少しずつ変えながらも平安時代の頃の姿を保っています。

世界遺産に指定されている嚴島神社の見所としましては、重要文化財である大鳥居で高さは16メートル近くもあるクスノキづくりの鳥居です。
そして本殿は国宝に指定されていまして、市杵島姫命など三人の女神が祀られています。
昔ながらの寝殿造りとなっており平安時代の様子を色濃く表しています。
その他にも平舞台や高舞台が国宝に指定されているので注目すべき観光スポットです。

次に重要文化財に指定されているのが能舞台で、海に浮かぶ能舞台は国内を探しても見つかるものではなく、現在でもこの能舞台で行事が開催されることがあります。
その他にも反橋と言って綺麗なアーチを描いた橋も重要文化財です。

神社周辺の観光スポットとしましては紅葉谷公園が挙げられ、紅葉が美しい場所として雑誌やサイトなどで紹介されることが多いのですが、実は人工的に作られた渓谷なのです。広島県内には原爆ドームという世界遺産に指定された観光名所もありますので、一日で両方を見て回ることも可能です。

広島駅から平和記念公園へ向かい原爆ドームを見てから、遊覧船などに乗車して宮島港へ向かい神社の観光へと移っていきます。
前述のとおり、海の中の神社ですので天候に左右されやすいためタイミングも重要です。

Comments are closed.