広島で見ておきたいもの

最近、うちの病院に赴任されたばかりの先生から、広島のみどころを聞かれました。
その先生にお話しした内容をブログでもつづってみたいと思います。
広島の定番から、最近、僕が遊びに行って印象深いところまで、
さまざまに紹介してみたいと思います。

広島といえば、定番ではありますが、
まずは、原爆ドームに足を運び、戦争の悲惨さを体感し、
二度と過ちを起こさないことを心に決するとともに、平和を祈りたいですね。
平和の祈りをささげたら、瀬戸内海の綺麗な海の街を周遊しに出かけましょう。
絶対外せないポイントは、宮島と厳島神社。
厳島神社は世界文化遺産に登録され、いっそうの話題を集めていますが、
ちょうど、大河ドラマ平清盛の放映もあり、さらに人気が高まっているようです。
厳島神社は平安時代の後期に、平清盛が修築したと言われているんだそうです。
清盛も、美しさに感じ得るものがあったのでしょう。
青い海の中にそびえ立つ朱塗りの大鳥居と神殿造りの厳島神社は、
本当に幻想的で、神々しく、別世界にいるような感覚に陥ります。
日中に観光するのがメジャーですが、夜もいいんですよ。
日が落ちると、大鳥居や厳島神社、五重塔などがライトアップされるんです。
海と空の濃い蒼の中に、ライトアップされた朱塗りの建造物が浮かぶ姿は、
これまた素敵です。

遊覧船から巡るのも面白いですね。
そして、最近、僕が出かけた場所で面白かったのは、広島市から少し離れ、
山県郡安芸太田町にある三段峡という自然たっぷりの景勝地です。
広島バスセンターから高速バスに乗って約1時間20分ほどで着きます。
乗用車で行こうかとも思いましたが、今回はバスを利用することにしました。
公共交通機関を利用する方がエコに貢献できるらいしので。
景勝地といっても、ただ景色がいいというだけでなく、
トレッキングなどアウトドアができる場所です。
道は遊歩道が整備されているものの、道幅も狭いですし、
携帯電話が通じなかったりするので、
軽々しい気持ちで出かけるのはおススメできません。
歩きやすい運動靴に、天候の変化に配慮した長袖や雨具の持参、
チョコレートや飴、水などの食料ももっていくべきだろうと思います。

お昼はお弁当を持参しました。
僕は整形外科医なので、何かあったら助かる!と重宝がられますが、
何かあってもらっては困りますので、トレッキング前には、軽くストレッチなどして、
捻挫をしたり、足を痛めたりしないよう気を付けてください。

雨が降った後などは、滑りやすいので特に気を付けてほしいです。
念のため、皆さんの期待に応えてというのか、商売道具じゃぁないですけれど、
基本的な応急処置用品はリュックに入れて行きました。
三段峡の一番のスポットは、やはり、名前の由来にもなっている三段滝。
全長30mという豪快な三段構成の滝で、その姿は圧巻です。
滝の近くにいくと、ひんやりして汗して歩いてきた体には気持ちがいいです。
冬場は広島県内にも関わらず、大雪となりかなりの積雪量があるらしいですね。
冬季は基本的に歩けませんので、過ごしやすい季節か、
紅葉の綺麗な秋に訪れるのがいいでしょう。

Comments are closed.